アサクラシ

【好きなものに囲まれて、心地よく暮らしたい】をモットーに、買い物レポを 中心とした日常を綴っています。

お水

スポンサーリンク

水ってこだわってますか?

 

f:id:asako415:20151212180033j:image

 

実家は一軒家だったし、大阪市の水道水に対してなんの抵抗もなく飲めていたのですが、結婚してマンション暮らしになると、なんとなく水道水を飲むのは敬遠していました。

そんな人のために、水道水の蛇口とは別にビルトインタイプの浄水器がついてるんですけど
 
f:id:asako415:20151212180039j:image
 
使い方がよくわからず(笑)ず〜〜〜〜っとないものとして扱ってました。
が、ここへきて初めてカートリッジを交換しました。
11年ぶりです。はっきり言って気まぐれです。えっへん←威張るな。
係の方がカートリッジを取り外す際に、でっかいほこりが落ちたような・・・
 
浄水器は1日20リットルの使用で1年間を限度としてカートリッジを設計しているとのこと。
古いカートリッジはリサイクルされて脱臭剤やガーデニング用品に生まれ変わるそうです。
粗品でもらった脱臭剤。
 
f:id:asako415:20151212180045j:image
 
これから販売するという脱臭剤のチラシももらいましたが、これなーかなりビミョ〜じゃね?(笑)
 
f:id:asako415:20151212180059j:image
 
カッパですって。言われなきゃわからんかった。
もうすぐCMも流れ出すって言うてはったな〜。
 
というわけで、せっかく交換したので(14,040円もかかったわ)これからは上手に活用していこうと思います。
飲み水やコーヒー紅茶などの飲み物、炊飯やお味噌汁などの料理、お米や野菜を洗う際などなど。ま、味の違いなんてわかんないでしょうけどね。バカ舌バンザイ!
 
水といえば、一時期せっせと毎朝白湯を飲んでいたのですが

 

asakurashi.hatenablog.jp

 

その後こちらの本と出合い

 

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

 

 

白湯ではなく生水をすすめていたことでパニックを起こし、わざわざ水を沸かすことに面倒を感じていたこともあり、いつしかフェードアウトしました。
なのに最近南部鉄器に興味を持ち始めてるんですよね〜。
 

 

重いので大きいものではなく、小ぶりなものでいいんですけど、小ぶりっちゅーてもええお値段するので今は眺めているだけですが、店頭で実物を見たらテンション上がってわけわからん行動を起こしてしまいそうな気がして怖いです(笑)

 

トラコミュ
健康

 

トラコミュ
毎日元気に暮らしたい!

 

.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

ブログランキング ブログ村に参加しています。

下のバナーをクリックして応援していただけると大変嬉しいです。

お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村