アサクラシ

【好きなものに囲まれて、心地よく暮らしたい】をモットーに、買い物レポを 中心とした日常を綴っています。

【心斎橋】ボヤキ満載の究極の鍋

スポンサーリンク

友人と半額祭なるものに踊らされ、こちらのお店に初訪問しました。

 

f:id:asako415:20160106220929j:image

心斎橋 今井屋本店 (シンサイバシイマイヤホンテン) - 心斎橋/鳥料理 [食べログ]

 
比内地鶏がウリのお店で焼き鳥や親子丼が有名のようですが、究極の水炊き鍋が1人前2500円するところ
 
f:id:asako415:20160106221116j:image
 
こちらのクーポンで
 
f:id:asako415:20160106221120j:image
 
半額の1250円になるとのことで、これはお得だ!と思いました。
が、気付くべきでした。
もも1枚塩焼きが、たった1枚の塩焼きが通常2500円することに。
てことは、究極の水炊き鍋の2500円がどのような程度のものかってことに。
 
メニューを見て、全体的にどれもこれも高め設定だなと思いました。
さて、究極のお鍋の準備が始まり店員さんが具材を投入してくれてできあがりました。
 
f:id:asako415:20160106220935j:image
 
この鍋ね、手のひら大ですよ。ちっさ。
これが通常2人前で5000円だなんて信じられないっっっ!!!
具材は骨つき鶏肉が4つ(ひとり2つ)
 
f:id:asako415:20160106220943j:image
 
骨つき鶏肉はホロホロですぐ骨からはずれてうまし・・・というわけではなく食べにくいだけ。
野菜は白菜と水菜と豆腐としいたけ・・・
鍋をつつきながらゆっくり話をするはずが、これじゃあすぐに食べ終わるな。
で、店員さんがシメは稲庭うどんにするか雑炊にするかを聞きにきたのですが、まだ鍋を食べてる途中なのになーと思いながら「じゃあ稲庭うどんで」と注文すると、一旦鍋をさげるから具材を皿にあげてと言われるし。
そんな急かさないでよ〜。
で、シメの稲庭うどんがやってきました。1200円もするので1人前だけ注文。
 
f:id:asako415:20160106220950j:image
 
友人はうどんを食べ終わり、私はまだ器を持って食べてる最中なのに、替えのおしぼり手渡されても・・・
替えのおしぼりはありがたいよ。ありがたいけど持ってくるのはふたりとも食べ終わってからでいいやん。あと数分やん。そしたら気持ち良く受け取るやん。
 
スープはとてもおいしいのでさらに雑炊を頼もうかどうしようかと迷ってると「おさげしまーす」と言って鍋を片付けられました。
しゅ〜りょ〜。まあ雑炊も1人前800円もしたから食べなくてよかったか。
 
そうか、気づくのが遅すぎましたがこの鍋は一品料理とかいろいろ食べて飲んでお腹がふくらんでから注文するものだったんですね。
すっかり鍋メインで来てしまい大失敗。
年末年始に鍋を食べ過ぎてアホになったのか?
そういえばと思い返すと、お客さんは年配の方が多くて若者ひとりもいませんでしたわ。そりゃそうだ、だって高いもん!
ここはお金持ちの大人が静かに飲んで食べるお店でした。
大食いのバカ舌が行ったらあかんあかん!
 
そしてお会計は席ごとなのでお願いすると伝票を渡されました。
料理ごとの表示がなく、合計金額だけ書いてあるのですが税抜きで5500円。
あれ?
鍋が1250×2人前で2500円
稲庭うどんが1200円
つきだしが450×2人前で900円。
ここまでの合計4600円。
これにあと900円なにが足されているのだ???
飲み物は頼んでないのでね。
内訳を聞くために店員さんを呼ぼうとしたら「別のテーブルのものでした」と言って新たに伝票を持ってきましたよ。
あーあ、もうちゃんと正しいのを持ってこんかい。
うっかり払っていたら損するところでした。電卓片手に確認してよかったわ。
 
さて、お店を出たあと友人と何事もなかったかのようにとんかつを食べて帰りましたとさ。
めでたしめでたし。

.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

ブログランキング ブログ村に参加しています。

下のバナーをクリックして応援していただけると大変嬉しいです。

お手数をおかけしますがよろしくお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村