アサクラシ

【好きなものに囲まれて、心地よく暮らしたい】をモットーに、買い物レポを 中心とした日常を綴っています。

《商品レビュー》菊正宗 日本酒の化粧水

スポンサーリンク

3月に購入した炭酸ミストを使い切りました。

 

asakurashi.hatenablog.jp

 

 

これはこれで気持ちよかったんですけど、40オーバーの自分の肌をナメてました。

うるおいが足りない・・・

うるおいプリーズ。

若い頃は夏にはいらなかったのに、今はいるのだ1年中!

そうだ、セラミドだ。

セラミド配合の化粧水を探しましょう。

というわけで、セラミド配合をうたっているなら3000円以上のものを選ぶべきというありがたいアドバイスをしてくれたサイトをすっかり無視してプチプラを購入です。

 

 

500mlとたっぷり容量で1000円以下です。

ありがたや〜、ありがたや〜。

 

 

f:id:asako415:20170605220255j:image 

 

 

あの菊正宗が化粧品も出してるんですね。

知りませんでした。

 

 

f:id:asako415:20170605220308j:image

 

 

セラミド配合です。

どんな種類のセラミドがどんだけ入ってるか知りませんが。

ホームページより商品紹介を抜粋。

 

使用感が軽くて"うるおう"と好評を得ている「日本酒の化粧水」。
今回「しっとりタイプが欲しい」との声にお応えして、ベースはそのままに保湿力を高めた『高保湿』が新登場!
日本酒の化粧水」に比べて、少しとろみのあるテクスチャーで、浸透力も◎。
化粧品がない時代からお肌のコンディションを整えるために水で薄めた日本酒が使われていました。 人前に出る芸子さんが残った日本酒を活用していました。 実はこれ、日本酒に含まれるアミノ酸が保湿効果をもたらしていると言われています。

この「日本酒の化粧水 高保湿」にも、「日本酒の化粧水」同様に、1本に日本酒1升分の主要アミノ酸が含まれています。
更に保湿成分としてプラセンタエキスとアルブチン、年齢とともに減っていく高保湿成分セラミドを配合。乳液を使わずとも潤いが持続する仕様になっています。

しかもたっぷり500ml容量なので、フェイスはもちろん全身にお使いいただけます。
コットンやティッシュペーパーにしっかりと浸み込ませ、顔など乾燥が気になる部分を約5分パックするとより効果的です。

 

 

日本酒の化粧水とあるように、日本酒の香りがします。

私としてはほんのり酒粕の香りのイメージで、がっつり日本酒じゃなくてよかったなと。

ただ香りにそれほどの持続性はなくて、塗ってる間に気にならなくなります。 

日本酒。

ああ憧れの日本酒。

日本酒が飲めるようになりたいと何度かチャレンジしましたが、どうしてもおいしく飲めないので諦めました。

これからは焼酎1本でいきます・・・ってなんの話や(笑)

 

さて使い心地はというと、バッチリうるおいます。保湿しまくり。

人によってはベタつきすぎると感じるかもしれません。

ま、保湿は表面的なもので、内面まで浸透しているかは怪しいです。

プチプラですからね。そこまで求めては酷か。

安価なので首筋やひじなどにもバシャバシャと塗り塗り。

目に見えて調子が良くなってきました。

ほほー、菊正宗なかなかやるやん(何様や)